ママ友とのお付き合いには意外にお金がかかる理由

我が家では旦那さんがお金の管理をしてくれているので、私は渡されたお金を生活費としてつかっています。
光熱費は旦那さんの口座から引き落としなので、主な用途は食費や生活用品の購入です。
余ったお金で、自分の服や化粧水を買うようにしていますが、専業主婦なので贅沢せず、本当に必要なときだけお金をつかうようにしています。
本当は、もっとブランド品やデパートコスメにも手を出したいところですが、お金はなるべく子供に残しておいてあげたいので、自分のものは最低限ですましていました。
しかし最近、なかなかそういうわけにもいかなくなってきたんです。
理由は、ママ友達とのお付き合いです。
子供が大きくなると、クラス替えの度に友達が増えたり、少年団や部活に入って学年の違う人とも交流が増えたりします。
すると、自然と生まれるのがママ友達の和。
クラスで集まるとか、クラスの中の仲よしさんで食事、少年団メンバーでバーベキュー、部活の後の保護者会等々、子供同士の交流以上に、様々な場面で親同士の集まりが増える一方です。
子供が仲良くしてもらっているのは有り難いし、色々な方と知り合えるのはいいことではあるのですが、同時に出費も増えるので、専業主婦の私にはいたいところです。
食事等の会費は勿論ですが、着ていく服やバックのバリエーションを増やさないと気まずい思いをするので、予想外の大きな出費に繋がります。
若ければ何を着ていても可愛いと思うのですが、ある程度の年齢を越えるとやはりいいもの出ないと浮いてしまうので、困りものです。
そういう時の出費は、旦那さんが生活費とは別に出してくれるのですが、旦那さんも無理して遣り繰りしてくれているのがわかるので、とても言いづらいです。
子供同士の付き合いが増えると嬉しいのですが、親同士の付き合いでもう少し節約できるといいのになあと、内心思ってしまいます。

 

Leave a Comment